高根沢町社会福祉協議会の主な事業

災害支援

トップページ > 災害支援

災害時要援護者調査及び台帳の管理

調査登録、台帳管理の流れ
災害が発生した時や災害のおそれがあるとき、自力で避難することが難しい高齢者や障がいをお持ちの方など(災害時要援護者)に対して、災害(避難)情報の伝達や避難場所への誘導などの支援が必要となります。そこで本町では、支援を必要とする方を把握するために、災害時の支援を希望される方の名簿をつくり、地域の支え合い・助け合いによって、災害時要援護者を支援できる仕組みづくりを推進しています。
そこで、社協では下記の対象者について訪問調査をおこなっています。

〇 ひとり暮し高齢者及び高齢者のみの世帯
〇 身体障がい者手帳1・2級をお持ちの方
〇 精神障がい者保健福祉手帳1級をお持ちの方
〇 療育手帳A1・A2をお持ちの方
〇 介護保険における要介護3以上の認定を受けている方
〇 その他上記以外で援護が必要とされる方

福祉避難所の設置(高根沢町在宅福祉ネットとの連携事業)

避難所設置模様
3.11東日本大震災での教訓を受け、災害時に何らかの特別な配慮を必要とする避難者が、安心して避難生活ができる体制の整備が必要であることから、高根沢町、高根沢町在宅福祉ネットと協働して、「福祉避難所」設置の体制を整えています。
平成23年度町防災訓練から福祉避難所設置訓練を実施しています。
各種国内義援金・海外救援金への寄付を受付けています。皆さまの温かいご支援とご協力をよろしくお願いします。詳しくは下記リンクをご確認ください。

日本赤十字社
赤い羽根共同募金会

◇受付場所:社会福祉協議会(福祉センター)

ページトップへ戻る